茨城県龍ケ崎市の新築、リフォームのことなら北澤工務店
株式会社北澤工務店
HOME北澤工務店の想い施工事例引渡しまでの流れ施工エリアお問合せ見積依頼

塗装工事

今年もいつの間にか3月となりました。

相変わらずこの時期は花粉症に悩まされております・・・・。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

先日、土浦市内のお客様のお宅で外壁塗装工事を行わせていただきました。

 

無題

20年以上外壁のメンテナンスはしていなかったということで、ご訪問をした際に

外壁塗膜の劣化具合を確認したところ、チョーキングという症状がはっきりと出ていました。

ご存知の方も多いかもしれませんが、チョーキングとは外壁を手で触った際に指にチョークの

ような白い粉が付く現象です。

この症状が出ると、外壁に施してある塗膜防水が紫外線や雨風などにより劣化して防水膜としての

役目がほとんど果たせていない状況となっています。

この状況を放置しておくと、雨が降った時に少しづつ雨水が外壁に浸み込んでいき、最終的には

構造体を腐らせてしまうようなこともあり得ます。

IMG_1543

今回の N 様邸では、チョーキングの他にも軽微なクラックなども入っておりメンテナンスが

必要な状態でした。

 

飛び込みで塗装工事の営業にこられた方もいたそうですが、「どうせやるなら信頼できるところに

お願いしたい!」と、以前工事でお世話になったことがある北澤工務店にご用命をいただきました。

本当に嬉しく、ありがたいことです。

 

今回の塗装色は「せっかくだから少しイメチェンをしたい」との奥様のご提案で、今までの

ホワイト系ではなく、少し緑色の入った淡い色合いにて塗り替えを行いました。

IMG_1597

 

IMG_1598

工事期間中は毎日のように北風が吹き荒れる、極寒の中での作業となりましたが

塗装職人の皆さんには、本当に頑張っていただいて、

見違えるようにキレイになり N 様にも大変ご満足いただけました。

 

それではまた次回に。

 

松葉

少しづつ春めいてきたかなと感じていましたが、ここ数日は真冬の様な陽気に逆戻りして

しまった感じですね。

今朝の、通勤途中にある温度計の表示では外気温「-7℃」!!今季中で一番の冷え込みです。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

昨年末に大規模な修繕工事をさせていただきました K 様邸にて、ウッドデッキの

造作工事を、ご依頼いただきましのでご紹介します。

 

 

K 様邸は40年前に建築した立派な母屋の北側に、10数年前に当社で工事を行った

2階建ての増築部分があります。

その2階にはアルミ製のベランダがあり物干し場となっているのですが、「大量の洗濯物

を持って2階に上がっていくのが大変・・・。」とのことで、母屋の広縁がある場所の外部に

ウッドデッキとテラス屋根を造作させていただくことになりました。

 

 

この掃出しサッシの場所に建てます。

IMG_1355

 

 

まずは、束石を並べてそこに柱を立てています。

IMG_1518

 

柱の上に桁を差し込み、2本の桁を継ないでいます。

IMG_1519

 

屋根垂木が並べられました。

IMG_1520

屋根には耐久性のあるポリカーボネート製の波板が貼られて完成。

 

次に、デッキ部分の造作です。

束石を並べて、束を立てて、大引きを流し、38㎜もある厚くて丈夫な床板を

並べています。

IMG_1521

そして幕板をまわして、手摺をつけて造作工事完成です。

IMG_1525

最後に塗装屋さんに防腐塗料での仕上げ塗装をしてもらって、

ウッドデッキとテラス屋根の完成です。

全てヒバ材を使っているので、耐久性もバッチリです。

IMG_1538

 

IMG_1539

 

物干竿を掛ける金物も取り付けております。

IMG_1540

束の足元は、そのままコンクリートの上に立てるのではなく、以前長澤監督が

デッキ工事で行っていたアイデアを頂いて、ステンレス製のパッキンを敷いた上に

束を立ててみました。

これで大分、腐朽対策になっているはずです。

IMG_1542

 

 

 

それではまた次回に。

 

松葉

ここ数日、日中は暖かい日が続いていますね。春が近づいている感じがします。

ですが、今夜から明日にかけて雪が降るという予報になっています。

寒暖の差が激しいと、体調も崩しやすいですよね。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

昨年の10月にお引渡しをさせていただきました S 様邸の第二期工事

となる倉庫の新築工事。

ブログで建築途中をUPできないまま完成してしまいました・・・。

 

ご紹介させていただきます。

 

昨年12月におこなった、建方の模様。

IMG_1360

IMG_1361

IMG_1362

S 様邸の倉庫は、建坪12坪と倉庫にしてはかなり大きいですが、

この位の規模ならクレーンを使うまでもないと、職人さん5人がかりで手上げでの建方と

なりました。

せいが9寸(270㎜)の梁・桁が何本もあったので、人力での建方は結構大変だったと

思います・・・・。

職人の皆様方たいへんご苦労様でした。

 

そして完成写真。

IMG_1527

IMG_1528

途中、設計変更があり当初の計画とは少し形状が変わりましたが、シンプルで

格好よく仕上りました。

屋根は切妻形状でスタンビーというガルバリウム鋼板製の瓦棒葺きとなっています。

外壁もガルバリウム鋼板製の横貼りサイディングで仕上げています。

S様のご親族の方が施工された、2間間口のガッチリとした電動式シャッターも取り付けられ

倉庫とは思えないほど、しっかりとした造りとなりました。

 

内部は、すでにお客様のお荷物が置かれていますのでご紹介できませんが、

小屋裏部分まで利用して、いたるところにたくさんの造作棚が据え付けられているので

収納力は抜群です。

 

 

S様には倉庫の完成と収納力に大変ご満足いただけているようです。

 

 

ではまた次回に。

 

松葉

2013年も早いもので1ヶ月が経とうとしています。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

大分遅れながらの、今年一発目のブログ更新になります。

このブログをご覧になっていただいている皆様、今年は少しでも多く

更新できるように頑張っていきますので、宜しくお願い致します。

 

 

社長のブログでも何度もご紹介させていただいている、取手市内で新築工事を進め

させていただいておりますE様邸。

先日の1月20日に無事に上棟を執り行うことができました。

 

施主様のE様ブログにも書いてありましたが、今回は部分的に構造が複雑に

なっている場所がありまして、これからの内部造作工事でも少々大変な作業になるかと

思いますが、完成すれば素晴らしいお家が出来上がると思います。

 

現在は秋葉棟梁と千尋棟梁のお二人で屋根下地の造作が進められています。

IMG_1499[1]

IMG_1501[1]

 

E様邸は、現在のお住まいが建っている敷地内に別棟で新築をおこなっていますので

だんだんとお家が出来上がっていく姿を毎日確認し、楽しんでいただいていると

思います。

 

 

ではまた次回に。

 

松葉

今年も残すところ後3日となりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

2012年の北澤工務店の仕事納めは、本日28日となっています。

今年も悔いが残らない位に目一杯お仕事をさせていただきました。

個人的には、大変充実した一年を送れたと思っています。

 

今年もたくさんのお客様にお世話になり、本当にありがとうございました。

来年も、お客様の笑顔が見れるように、より良いものをご提供する努力をしてまいりますので、

引き続き宜しくお願い致します。

 

来年も皆様にとって最高の年となることを心よりお祈り申し上げます。良いお年をお迎え下さい。

 

ではまた次回に。

 

 

松葉

引き渡し後

数日前の朝、ボクの通勤経路にある温度計が「0℃」と表示されてました。

いつの間にか、すっかり冬になってしまいましたね。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

今日は、この間お引渡しをさせていただいたS様邸にお邪魔してきました。

引き続きご依頼いただいている倉庫新築工事も先々週から着工し、

本日基礎工事が無事完了。

来週27日に、いよいよ建方となります。

低コストで計画した倉庫ですが、頑丈な基礎としっかりとした軸組で立派な建物

が出来上がりそうです。

 

お引渡しをしたS様邸の中にも上がらせていただきまして、ボク達が造った空間を

どんなふうに使ってもらっているのか覗かせてもらいました。

S様邸の一番日当たりの良い東南角にある和室は、8帖間の中に2帖分の板の間があります。

IMG_1349[1]

写真では見づらいですが、キッチン前の造作カウンターで使った桧の一枚板の端材

を利用して作った、大工さんオリジナルの物置台とキレイな花が置かれ素敵な空間となって

いました。

壁上部の長押には立派な額に入った書道作品が掛けられていて、

「ずいぶん高価そうな作品ですね~」と聞くと、

奥様が「私が昔書いたのよ」と。

驚きです!!工事を承って1年以上もお付き合いをさせていただいて、いろんな話をしたつもりでしたが

こんな素晴らしい特技をお持ちだったなんて。

IMG_1350[1]

IMG_1351[1]

IMG_1352[1]

3枚目の作品は、何かの有名な展覧会で入賞した時の作品だそうです。

百人一首の詩が書かれているそうですよ。

(ボクには達筆すぎて、まったく読めませんでした・・・・・・。情けない・・。)

 

帰り際に奥様より「この家の住み心地とても良いですよ。」との大変うれしい

言葉を頂戴しました。

感激です!!(涙)

S様も、新築工事の現場監督経験の無いボクに全てを任せるのは不安や心配が

あったかと思います。

ですが、この言葉を聞いて本当に安心しました。

 

ボク達のやっている家作りという仕事の醍醐味を深く感じた一日でした。

 

 

ではまた次回に。

 

松葉

日中はまだまだ暖かい日もありますが、朝晩は気温がぐっと下がり、朝布団から出るのが厳しい

季節となってまいりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

 

 

 

前回に引き続き、市内S様邸の完成写真内部編をご紹介させていただきます。

DSC02099

玄関。

玄関床には、ポーチと同じ天然の玄昌石を貼り、コの字型の造作下足入下の一部のみに白玉砂利石を    

敷き詰めました。

造作下足入の下部には、照明を取り付けて間接照明となっているので夜、照明をつけると玉石の陰影が

素敵な雰囲気を演出します。

DSC02139

写真では見切れてしまってますが、天井は勾配天井となっていて広々とした玄関ホールです。

 

 

DSC02140DSC02108

廊下。

水廻り空間に続く廊下は通路幅を約1m10㎝とってあるので、万が一車椅子等での生活を余儀なく

された際にもゆったりと通行することができます。

天井のダウンライト照明は、人感センサー式スイッチを採用していますので、消し忘れなども心配いりません。

壁にはサワラ板を貼った腰壁があり、一部に高さ約1mの収納を設けました。

収納の上部には照明が仕込んである飾りスペースがあります。

現在はS様がそこに素敵な絵画や置物を飾っていました。

 

 

DSC02106

トイレ。

最新式のタンクレストイレを設置。

杉の一枚板を加工して造作した収納カウンターには手洗い器も備え付けられています。

床には水に強いコルクタイルを貼っています。

 

 

DSC02107DSC02110

洗面脱衣室。

天井と壁にはサワラ板を貼り、木材に囲まれた気持ちの良い空間に。

ユニットバス入口上部に設置してあるのは、洗面室専用の暖房器。冬場の入浴時のヒートショックを防げます。

化粧台は巾90㎝の広々サイズ。その横には天井まである大容量の造作収納を設けました。

タオル類・着替え・洗濯物・洗剤類や買置き品などなんでも収納できます。

 

 

DSC02112

キッチン。

対面式のキッチンには食器洗浄機やタッチレス水栓がついていて家事も楽々です。

足元には床暖房も完備。

DSC02117

キッチンの対面側には、桧の一枚板を加工して2段のカウンターを作りました。

軽い食事ならここですませることもできる広さをとってあります。

 

 

DSC02118

ダイニングスペースの横には、縦格子で仕切られた書斎スペース。

本や書類等の収納場所もタップリと確保してあります。

 

 

 

DSC02127DSC02119

リビング ダイニング。

こちらも、存在感のある構造材を現しにした勾配天井となっていて、天井も高く開放的な空間

になっています。

大きな4枚建てのサッシを開け放つと、気持ちの良い風が通り抜けます。

奥に見えるのは8帖の和室で、建具を引き込むとLDKと一続きの空間をつくれます。

 

 

DSC02135DSC02136

寝室。

9尺間口の大きな押入がありますので、布団を収納する際にもかさばらずにゆったりと

収納することができます。

 

 

 

10月1日にお引渡しをさせていただいてから1か月半が経ちましたが、S様ご夫婦には

新居の住み心地に大変ご満足いただいてるようです。

現在は同じ敷地内で倉庫の新築工事を承らせていただいていますので、またそちらの建築状況

などもこのブログで掲載させていただく予定です。

 

 

ではまた次回に。

松葉

9月の残暑とは打って変わって、10月に入り急に気温が下がり一気に秋の陽気となっていますね。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

今回は、少し時間が空いてしまいましたが、10月1日に無事にお引渡しを行うことができました、

市内S様邸の新築工事完成写真の一部をご紹介させていただきます。

 

DSC02095

北西側外観。

屋根は陶器平板瓦(銀黒色)葺きで、外壁は無添加住宅オリジナル漆喰仕上げ。

破風板は艶消しブラックの板金包のうえに、半永久的に塗装等の必要のないガルバリウム製の

角型雨樋も艶消しブラックで合わせました。

サッシはTOSTEMのDUO PG(シャイングレー色)で、夏の強い日差しもカットするLow-Eガラス仕様なので

遮熱・断熱性能はバッチリです。

 

 

DSC02097

玄関ポーチ。

玄関サッシ廻りの外壁の一部にコーラルストーンという珊瑚や貝の化石が入った石灰岩を貼りアクセントに。

ポーチ床には天然の玄昌石を使いました。自然な色合いがすごく素敵です。

階段とスロープ部の手摺はSUS製のワンオフ品でシンプルなデザインに仕上げました。

 

 

 

image

南東側外観。

大きな開口部がたっぷりあるので、風通しも最高です。

屋根上をスッキリ見せる為に、TVアンテナは敷地内の建物脇に鉄柱を立てて設置。

 

 

 

DSC02082

エコウィル。

以前の記事にも書きました、ガス発電式給湯暖房システム「エコウィル」。

インターネット等の書き込みによると、エコウィルはガスエンジンの作動時にかなりの騒音が出るという

記事を見て少し心配をしていたのですが、設置後の試運転時に立ち会い確認をしました。

 

結果は、想像していた程の騒音はまったくありませんでした。

例えれば、エアコンの室外機の作動音よりも静かに感じたかも。

後は、これからの季節に活躍するガス温水式床暖房を使用した際に、どれくらい光熱費が節約できるのか

後日S様に伺ってみたいと思います。

 

 

今回はここまでということで、次回は内部をご紹介させていただきます。

 

ではまた次回に。

松葉

お久しぶりです・・・約2ヶ月もブログの更新をあけてしまいました・・。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

9月も下旬になり、うんざりするような猛暑の日々もそろそろ終わりを告げて、

だんだんと秋の気配を感じ取れる季節になってきたのではないでしょか。

 

 

さて、2ヶ月もブログの更新をサボってしまっている間に、龍ヶ崎市内で新築工事中の

S様邸も工事が終盤となりました。

 

棟梁谷さんによる木工事も無事に完了し、現在はお引渡しに向けての仕上げ工事の

真っただ中です。

本日も現場に丸一日滞在していましたが、たくさんの業者さん達で現場は大混雑です。

建具屋さん、磨き屋さん、電気屋さん、設備屋さん、ガス屋さん、外構屋さん、タイル屋さん、

サッシ屋さんと、所狭しと職人さん達が仕上げ工事をされていたり、現場の進行状況を

確認に来られたりと大賑わいでした。

 

みなさん、まだまだ日中は暑い中でも笑顔で楽しそうに作業をされています。

この職人さん達の表情を見る度に、必ず「最高のお家」が完成すると確信しています。

 

10月1日の完成お引き渡しまで、後10日となりました。

S様には完成を心から喜んでいただけるように、最後まで全力で頑張っていきます。

 

 

現場には本設の電気がつながり、夕方に照明器具のチェックをしていたところ、

エントランスの表情が素敵でしたので一枚だけ写真をご紹介。

DSC02079

漆喰仕上げの外壁の一部分をコーラルストーンというサンゴや貝殻の化石が入った

天然石を貼って仕上げた壁に、シンメトリーに取り付けたサッシと同色のスクウェアな

形のブラケットライトの明かりがコーラルストーンのおうとつで陰影ができて

素敵な雰囲気でした。

 

その他、内部の写真などは完成後にご紹介させていただきます。

 

 

ではまた次回に。

松葉

現場状況4

連日うなるような暑さの「猛暑日」が続いています。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

今回も新築工事中のS様邸の進行状況をお伝えします。

先日、ついに外部足場が取り払われS様邸の外観が姿を現しました。

DSC02011

玄関入口がある北西側のファサードは、蔵を思わせる様なシンプルな佇まい。

DSC02013

南東側にはたくさんの開口を設けてあります。

S様邸の南東側には、建物が建っていないので気持ちの良い風が家の中を通り抜けていきます。

 

内部工事は壁のセルロースファイバー断熱材が吹き込まれました。

DSC01931

これで、屋根面・壁面・床面と断熱材が施され断熱工事は全て完了です。

 

棟梁谷さんの木工事もそろそろ終盤に差し掛かろうとしています。

DSC02002

壁にはプラスターボード下地とサワラの腰板が貼られています。

玄関ホールにある杉の丸柱の足元も綺麗に床材が納められています。

DSC02005

 

 

 

毎日この灼熱の暑さの中で、職人のみなさん達は汗だくになって一生懸命作業されている。

本当に頭が下がります・・・・・。

 

こうやって、たくさんの職人さん達の汗と努力と想いが積み重なって形が出来てゆく。

確実に素晴らしいお家が完成するでしょう。

 

完成お引渡し予定日まであと二ヶ月となりました。楽しみです!!

 

 

ではまた次回に。

松葉