茨城県龍ケ崎市の新築、リフォームのことなら北澤工務店
株式会社北澤工務店
HOME北澤工務店の想い施工事例引渡しまでの流れ施工エリアお問合せ見積依頼

スギ花粉の飛散による花粉症も、今がピークのようです。

花粉症のみなさんには、あと数週間の我慢ですね・・・。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

いよいよ数日後に消費税率が8%へ増税されることとなっています。

増税後の住宅業界の需要低下による冷え込みが懸念されていますが、

国交省より住宅取得者の負担緩和措置である「すまい給付金」という

制度が導入を予定されています。

 

この制度は、消費税率が8%に増税以降に住宅(新築、中古住宅問わず)

を取得し、消費税8%時においては住宅取得者の収入額が510万円以下の方を

対象に最大で30万円、10%時においては収入額が775万円以下の方を対象に

最大で50万円の給付が受けられる制度となっています。

中古住宅の取得者にも給付金が受けられるようになっていますが、要件として

第三者機関による現場検査を受け、耐震基準等一定の品質が確保できている

建物に限られています。

2009年に義務づけられた「瑕疵担保責任保険」に加入している物件などには問題は

ありませんが、それよりずっと以前に建築された現行の建築基準法に適合していない

建物を取得する場合には、おそらくこの給付金制度の恩恵を受けることは不可能かと

思います。

現在、問題に上がっている「空き家住宅」についての対策としては想定されていない

ようですね。

 

「すまい給付金」は、そのほかにも対象要件がありますので、増税後に住宅を取得

検討されている方はインターネットなどで確認をしてみて下さい。

 

「すまい給付金」、「長期優良住宅認定」、「低炭素認定住宅」、「木材利用ポイント」

等々のいろいろな制度の組み合わせによって、増税分の負担額をカバーできる可能性も

ありますので、これからも調査して、お伝えできればと思います。

 

 

ではまた次回に。

松葉

次の記事 ≫≫≫