茨城県龍ケ崎市の新築、リフォームのことなら北澤工務店
株式会社北澤工務店
HOME北澤工務店の想い施工事例引渡しまでの流れ施工エリアお問合せ見積依頼
    あっという間に桜前線が北上し、新緑の季節となりました。その隙間から差し込む日差しはこの上なく美しいですね。いかがお過ごしですか。
左のページでもご案内しておりますが、友人の道場団長より『皇居勤労奉仕団』の案内をいただきました。平日4日間という一般の社会人にとっては有り得ない日程ですが、万障繰り合わせた人だけが体験できるまたとない機会です。可能性がある方は、まずは登録だけでもされてはいかがでしょうか。キャンセルすることも可能です。

《そもそも、なぜ?》                                                    DSC_4712

今年の『特攻に学ぶ知覧の旅』は26名の参加を頂き、3月31日4月1日に実施しました。詳細は『おさむのブログ』に記載しましたので、よろしければご覧下さい。

そもそも『なぜ特攻なのか?』なのですが、私は戦争マニアでもないし、右翼でもなんでもない。特攻に限らず、歴史上の人物の『生き様』に強い興味関心を持つ傾向があります。例えばぐぐっと遡って縄文時代にも強い興味関心があって、大陸文化が押し寄せる弥生時代との狭間で起こった縄文人の生き様を想像するだけでわくわくが止まりません(笑)土偶なんて最高!!だいたい最近まで『土偶』と『埴輪』の違いすらわからなかった私です(^_^;)                                                                                               28345

古い歴史は想像することしかできませんが、近現代史はまだまだ身近に残っています。中でも現代日本の精神構造を劇的に変えた大東亜戦争(太平洋戦争)は、その後のGHQによる占領政策はじめ、命を賭して戦った先人についても、余りにも私たちは知らな過ぎる。なにかタブーのような雰囲気があって、学校でも教えない(教えられない)ものだから歪んだまま。マスコミを賑わす信じられないような事件を見るたびに、おもしろおかしく享楽にふける老若男女の風景を見るたびに、思う。このままでは次の世代にバトンをつないでいけない。自分にも何かできることがあるのではないか。ふつふつと湧いてくるこの思いが、その発露なのです。

《かつかつな旅程》

そんな思いが強すぎるからか、旅程は欲張りに欲張ってしまい、参加者の皆さんもさぞお疲れになってしまったのではと反省しております。
(初日)幻の特攻基地『万世特攻平和祈念館』⇒特攻隊の皆さんも食した『トメさんの味の玉子丼』⇒トメさんの悲願『特攻観音』参拝⇒『知覧特攻平和会館』見学⇒知覧周辺戦跡巡り⇒トメさんの孫『鳥濱明久様の特別講演』⇒明久さんを交えての大懇親会

f5a1b32820ca4641f8db4a53df2c98147754080a07a5492ff1a30e1e02953671

e5637d8153bd504b0cb12f6c3600432c

(二日目)希望者のみ朝5時出発⇒下駄履き特攻の『指宿海軍航空基地跡』⇒朝食後トメさんのお墓に献花⇒人間特攻隊員とトメさんのふれあいの場所『富屋食堂ホタル館』⇒今回どうしてもご案内したかった『西郷隆盛蘇生の家』⇒錦江湾をフェリーで渡る⇒旧海軍の特攻最大基地『鹿屋航空基地資料館』⇒滑走路が道路として残る『串良航空基地跡』⇒鹿児島空港・解散。

特に、明久さんの献身的な私たちへの関わりには、b026b388b73967757901892ccdce62bfどれほど涙を流したかしれません。ご講演もさることながら、最後まで懇親会に残って下さり、お酒を交わしながら周囲に集まる私たちに熱く語る明久さんの姿に、『伝えたい!』という必死の思いを感じました。

その場に行かなければ感じられないものがあると思います。来年も開催しますので、ぜひその時にはご一緒に。

《まずは行動》

昨年参加させていただいて、私の生涯の財産となった皇居勤労奉仕団の体験。今上陛下の御会釈賜われるかもしれない機会です。まずはお気軽に私までお電話ください。お待ちしております。

 

表紙で

次の記事 ≫≫≫