• おさむのひとりごと
  暑さ寒さも彼岸までとは言いますが、今年の夏も厳しかったですね。いかがお過ごしですか。今回は『50歳だよ!富士登山&同窓会』のお話を。

私は山梨県にある日本航空高等学校を卒業しました。24期生です。当時の航空高校は『全人教育』を掲げ、全寮制・全クラブ制、外出も許可制で洗濯機もなく、テレビは食堂に一つという、非常にユニークな高校でした。高校時代のエピソードはこれまでにも何度か書かせていただきましたね(笑)

当時16歳だった仲間も今年50歳。いつの頃からか『50歳になるんだから、記念に富士山に登ろうぜ!』みたいな話が出て、『富士山に登ったあとに同窓会やろうぜ!』なんていう話がまとまっていきました。実施日は8月4日5日に決まりました。

登山希望者は9人。石和温泉に集合して須走口から登ることになりました。50歳だよ 富士登山 同窓会_170810_0176須走口は7合目まで樹林帯が続く気持ちのいい登山ルート。しかも金曜日であるのに空いています。菊屋のおばちゃんに挨拶して、雨交じりの中歩き始めました。

初めはかなり調子よく歩いていたのですが、本6合目あたりを過ぎると異変が。。。二人が『頭が痛い』と言い始め、列から遅れるようになりました。やがて標準時間の倍の時間をかけて8合目下江戸屋に到着。ここからは吉田口登山道と合流するため、いやまあ~!!とんでもない混雑状況です。山小屋さんも忙しいから仕方ないのですが、やはり須走口で泊まるなら『見晴館』に限りますね。ぜんぜん快適さが違います。

翌日は混雑を考えて午前1時半に出発。団体のガイドさんの声が響く暗夜の中、無事頂上。朝日岳に移動して御来光を待つ間のあったかいコーヒーと味噌汁。いやーーーこの美味さといったら言葉にしようがありません。そして・・・その瞬間。。。  

50歳だよ 富士登山 同窓会_170810_0006

 

20597443_1264020353724946_8569964353739427439_n

 

記念写真を撮り、お鉢巡りを堪能して下山。この下山がまた厳しいんです。厳しくても自分の足で歩くしかない。膝を痛めた仲間もいました。体力の限界だ~!と嘆く仲間もいました。それでも歩き続ければ必ず着く。4時間かけて無事に到着したのでした。

お昼ご飯を食べ、石和温泉に戻ってきたのが15時。宿にチェックインして温泉に入り、18時からの同窓会に備えました。

同窓会には同期生30人、恩師7人が集まりました。いやーーー、こんなに集まってもらえるとは思わなかった。大盛会の同窓会となりました。

3年間同じ釜の飯を食った仲間です。私たちを24時間見守ってくださった恩師の方々です。思い出話の花に花が咲いたのは言うまでもありません。2時間半、あっという間の同窓会でした。

仲間って素晴らしいですね。在学中は孤独感とか孤立感を感じていた私ですが、私自身の問題だったんですね。同期生は作り直しができない。この仲間と、ずっとつきあっていきます。

50歳だよ 富士登山 同窓会_170809_0184

 

20621014_1931216787151450_6172979171474238302_n

50歳だよ 富士登山 同窓会_170809_0212

次の記事 ≫≫≫